『ヒーリングライフ』-副業と好きな仕事で幸せに暮らそう-

大好きな仕事(広告業・イベント業・アロマテラピー講師)で生活している、シングルマザーのブログです。

シングルマザーに役立つオススメ漫画5選。

おはようございます! ヒーリングライフ、ユッキーナです。

 

プロフィールにもありますが、私はヲタク気質です!

healinglife-d.hatenablog.com

 

昔から作品作りも、読むのも大好き。そのおかげで現在の私は、日中働くITの会社でマンガや文芸書など、電子書籍の広告に関わる仕事をしています。

 

漫画がシングルマザーを勇気づけてくれる


f:id:healinglife-d:20180219092627j:image

 

今回は、シングルマザーにオススメの漫画を紹介したいと思います。

 

私自身、離婚後は実家のある石川県にUターンしましたが、生まれ育った地域とはいえ13年ぶりの地元。

 

ひとり親としてやっていけるかどうか、Uターンしたばかりのときはかなり不安がありましたし、今でも落ち込んだり悩んだりすることがたくさんあります。 

 

そんな時、インドアな私は漫画にかなり勇気づけられました。実際に読んでよかった&役立った漫画を、シチュエーション別にご紹介します。

 

 

再婚・出産・子育てについて悩んだときのオススメ漫画 

私たちは繁殖しているレッド (角川文庫)

私たちは繁殖しているレッド (角川文庫)

 

 

私のオススメはレッド・イエロー・ピンク・グリーン・ブルーの角川文庫から出版されているシリーズです。

 

結婚を3回、離婚3回経験し、シングルマザーとして4人の子供を育てる、主人公ジジの個性的で自分らしい結婚・出産・子育てを描いた作品。現在も連載が続いています。

 

漫画家、エッセイスト、歌手、女優など多彩な才能で活躍する内田春菊さんが投影されたジジの、母として、女性としての生き様はとても自由。

 

「結婚も出産も子育ても、型通りじゃなくていい」と読んでいてホッとするし、日本ならではの『母親はこうあるべき』像の呪縛から開放してくれる作品です。

 

 

シングルマザーになった自分を責めてしまうときにオススメの漫画

特に生活がきついとき「あんな人と結婚したから、今こんな苦しい生活をしている」「あんな人を選ぶなんて、私の見る目がなかったからだろうか…」と、つい自分を責めてしまいませんか? 

 

そんなときにオススメの本がこちらです。

 

だめんず・うぉ~か~ (1) (扶桑社SPA!文庫)

だめんず・うぉ~か~ (1) (扶桑社SPA!文庫)

 

 

 

ドラマ化もされた、かなり有名な作品です。ダメ男=だめんずに引っかかり、つい振り回されてしまう様々な女性の姿が面白おかしく描かれています。

 

作者の倉田真由美さんは漫画家、大学の非常勤講師、そして高学歴タレントとしてテレビ出演されており、過去にはシングルマザーを経験された方。 

 

読むと、大きな欠陥のある男性がたくさん世の中にいることがわかります。また「パートナー選びがうまくいかなかったのは、私だけじゃないんだ」と共感出来ます。

 

自分を責めるのではなく、次に男性と出会う時にどんな人を選んでいけばいいのか?の知識を入れることができる作品です。

 

 

うつっぽい思考になりがちな時にオススメの漫画

日々生活に追われて忙しいと、心身共に疲れうつっぽい思考になりやすい人はいませんか?そんな人へオススメ作品こちらです。

 

 

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

 

昨年発売20日後には5万部を突破し、話題となった漫画です。作者のうつ病 寛解に至るまでを描き、更に様々な人のうつ体験をインタビューした作品。ここには、自分を「褒める」大切さが描かれています。

 

作者の田中圭一さんは、サラリーマンと兼業で長年漫画家を続けている方。更に大学で准教授としてお仕事をされているそうです。

 

私自身は離婚協議中にうつ病にかかった時期があり、ついうつ思考に寄りやすい時が今でもありますが、そんな時にこの本を読み返し、自分の考え方を軌道修正をするきっかけにしています。

 

 

生活保護とは何か?を知っておきたい人にオススメの漫画

 

シングルマザーにとって、セーフティネットとなることもある生活保護。ですが、生活保護といえば、ネガティブなイメージを持ってしまう方もいるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

生活保護の窓口を担当することになった主人公が、様々な生活保護の案件について奮闘する話です。

 

中には、シングルマザーの案件も出てきて、生活保護を使うことになった事情や、生活保護から自立していこうとする姿などが描かれています。

 

生活保護の良い点や、問題点などを知ることができる良書です。

 

自分は毒親なのかも?と心配な人にオススメのマンガ

毒親、という言葉を聞いたことはありますか?

例えば必要以上に子供に干渉する、育児放棄(ネグレクト)など、子供に悪影響を及ぼす親のことを指します。

 

 

母がしんどい

母がしんどい

 

 

 

毒親に育てられた作者の田房永子さんが子供時代に感じた苦しみや、大人になってからどんな影響があったかを綴ったエッセイ。

 

子供の考え方や個性を無視する育児をしてはいけないと、戒めになった作品だったし、一部は私の親に該当する部分がありました。

 

自分も含めて誰しも多少は毒親の要素があるのかもしれません。ですが程度がすぎると、子供の人生を台無しにし兼ねないことがよくわかる、育児について振り返るのにオススメの本です。

 

 

さいごに

私が中学生の頃、スラムダンクの影響で学校でバスケットボールが大流行しました。また私がアロマやハーブ、癒やしの世界に興味を持ったきっかけは、ハーブの力を借りる魔女が主人公の漫画タッジーマッジー

 

漫画の影響力は、本当に大きいと思っています。

 

読みづらく、難しい話もマンガになると途端に理解しやすくなるので、株や心理学についても、今は漫画で入門書があるほどです。

 

活字を読むのが苦手な方は、ぜひ紹介した漫画を読んで、自分を元気づけたり、悩み解決のきっかけとして、役立ててもらいたいと思います。

 

 

ヒーリングライフとは?知りたい人はこちらから。

 

ヒーリングライフへようこそ!複業で幸せに暮らすシングルマザー

ヒーリングライフ 女性起業家のためのデザイン